現在地:HOMEニュースリリース
ニュースリリースNEWS RELEASE

プラス、簡単・安全に紙を半分に切れるスライドカッター「ハンブンコ」
「2017年度グッドデザイン賞」を受賞

プラス、簡単・安全に紙を半分に切れるスライドカッター「ハンブンコ」<br />「2017年度グッドデザイン賞」を受賞

プラス株式会社(東京都港区 代表取締役社長 今泉公二)は、手動裁断機としては世界で初めて紙を両端から挟むガイド機能のWゲージを搭載し、簡単に紙を半分に切れるスライドカッター「ハンブンコ」で、「2017年度グッドデザイン賞」(主催:財団法人日本産業デザイン振興会)を受賞いたしました。

<受賞製品>スライドカッター「ハンブンコ」

紙を半分に裁断できるWゲージを搭載した手動裁断機。片方のゲージを動かすと連動して反対側も開閉するので、紙を左右のゲージで挟むだけで簡単に紙の中央に合わせられます。
このほか、刃に触れないカートリッジ式の安全替刃で、刃交換もワンタッチで行えます。別売品の替刃「ミシン目」「折り目」を使えば、チケットの半券作りや、紙の半分の位置に折り筋を付けられるので小冊子など様々な制作物に活躍します。
本体は持ち運びに便利な取っ手付き。薄型の本体は軽い樹脂製なので楽に収納できます。最大A2用紙や四つ切画用紙を半切できるA3タイプと、最大A3用紙を半切できるA4タイプの2種類です。

【製品情報】https://bungu.plus.co.jp/product/cut/papercutter/hanbunko/original.html

※ 紙の中央を切れる(左右のゲージで紙を両端から挟み込むことにより)手動裁断機として世界初。
北米、欧州、アジア、オセアニア、南米地域の主要国のWEBサイト調査 (2016年9月〜11月 当社調べ)

審査委員の評価(公開コメント)

二穴パンチと同様、用紙の中心を正確に把握することを容易にするとともに、滑らかなカッティング感覚を実現している点と、突起部にあたるゲージが本体枠組みに収まるデザインとしたことで収納性を向上させている点で、高く評価できる。

グッドデザイン賞受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2017」に出展

本年11月1日(水)から5日(日)まで東京ミッドタウンで開催される、最新のグッドデザイン全件が集まる受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2017」において、「ハンブンコ」が本年度受賞デザインとして紹介されます。
http://www.g-mark.org/gde2017/

グッドデザイン賞

グッドデザイン賞とは

グッドデザイン賞は、1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を発端とする、日本唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。今日では国内外の多くの企業や団体などが参加する世界的なデザイン賞で、グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」は、すぐれたデザインを示すシンボルとして広く親しまれています。
http://www.g-mark.org/

  • ※本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

<お問合わせ先>

(報道関係)
プラス株式会社 コーポレート本部 総務部 広報室 藤原
〒105-0001 港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス12F
TEL:03-5860-7012  FAX:03-5860-7070
広報事務局 TEL:03-5251-4779  FAX:03-3504-8651
(お客様)
お問合せセンター TEL:0120-000-007