現在地:HOME商品一覧切る用品製品概要:PK-213概要 > サポート

コンパクト断裁機 PK-213

サポート Support

メンテナンス

劣化だけではない替刃交換
断裁機の替刃交換は、刃先の消耗より間違った使い方によって、やむなく交換となるケースが意外と多いです。特に裁断物に付属しているホッチキスの針やプラスチック部品は、刃先の欠けの原因となります。用紙以外の付属物は裁断前に外してから作業しましょう。

動画で見る使い方&メンテナンス方法
PK-113及びPK-213の正しい使い方と、替刃を交換する手順を動画でご紹介しています。
(動画はPK-113です。PK-213もほぼ同様の使用法になります。)

使い方とメンテナンスの方法をわかりやすく紹介した動画はこちら
※PK-213の場合は、刃止めネジの取り付け、取り外しで、ネジを2周ではなく5周回してください。

 

補修部品

替刃・受木 交換の目安(PPC用紙64g/㎡使用時)替刃の仕様はこちら
替刃は、約1,000回程度を目安に交換してください。替刃交換時間の目安は約5分です。
受木は表と裏の2面と、左右を180度回して差し替えれば合計4箇所使えます。(交換目安:1箇所あたり約300回)

製品の修理・不具合に関するお問い合わせ

修理等のお問い合わせ先について
PK-213の不具合、修理に関しては、お買い上げいただいた販売店にご相談ください。
お買い上げいただいた販売店が不明の場合は、弊社「お問合せセンター」までご相談ください。
修理依頼に関する詳細はこちら

ご注意 断裁された製本物をスキャナで読み取った場合、その読み取ったデータの使用は私的目的に限られます。 安全快適な断裁を行うために、本や雑誌を断裁するときは事前に以下の点を守ってご使用ください。 ・とじ金具やホッチキス針は取り除いてください。刃の破損の原因となります。 ・糊でとじている部分を裁断しないでください。刃に接着剤が付着し、動作不良の原因となります。 ・単行本などの厚い表紙は取り除いてください。本体の破損の原因となります。 ・プラスチックフィルムなど紙以外のものは取り除いてください。刃の破損の原因となります。
コンパクト断裁機 PK-113 PK-113のページはこちら
コンパクト断裁機 PK-213の軽い切れ味をショールームで体験! プラスのショールーム「+PLUS」は、プラスの文具・家具を、、見て、触って、体験していただけるスペースです。PK-213のほか、PK-513LNも常時展示しています。 PLUS STYLE SHOWCASE +PLUSのページへ
※価格は税抜価格です。別途消費税がかかります。